zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

懸賞で当選確率の高いキャンペーンとは

今週、立て続けに懸賞に当選しました。

 

⬛ヤマモリ株式会社「レッドカレー
f:id:rakudietman:20170802061552j:image

 

⬛オタフク×マックスバリュ九州共同「カクたこ専用フライパン」
f:id:rakudietman:20170802061613j:image

 

レッドカレーはクイズに答えて応募するものだけど、オタフクの共同企画はレシートで応募するもの。

 

当選の確率が高いのは、圧倒的に後者です。理由は、応募するのが、とても面倒だから。面倒なので自ずと応募数は少なくなります。

 

メーカー×小売店の共同企画の多くが、「対象商品を含む⚪⚪円以上のレシート1枚で一口」みたいな感じ。

 

対象商品を探して、かつ金額を上回る必要があるので、その条件を満たそうとする様は、もはや買い物というよりはゲームです(笑)

 

例えばそれが明治とかのお菓子が対象となると、実姉や妻は、子供たちに買い物かごを持たせ、別々に会計させて、2口、3口分のレシートをゲットする訳です。

 

でも、このくらいなら、ちょっと懸賞をかじった人なら当たり前の習慣。

 

ウチの実姉が恐ろしいのは、過去に応募したキャンペーンを全て記録していて、当選の有無をチェック。翌年の同じキャンペーンに生かしています。

 

当選していても労力が見合わないと翌年は応募しなかったり、当選確率が高いと分かると、商品のバーコードや応募シールを、まだキャンペーンが始まってない時から集め出したりするのです。

 

そんな懸賞生活をすでに10年は続けているので、いまでは応募条件をみるだけで当選するかどうか分かるようです。

 

なんと恐ろしや~。