zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

ガルバリウム鋼板の雨の音

早朝ランニングをしていたら、折り返し地点にさしかかったところでゲリラ豪雨に見舞われました( ´゚д゚)

f:id:rakudietman:20170907065551j:image

 

出るときは全然降ってなかったし、あと半分(約6km)もあるのに、何でや~(T_T)

 

スマホは防水なので良いとして、家の鍵が濡れて万が一、機能せんやったら、前みたい↓に家に入れなくなる。

www.zerocube.life

なので家の鍵は小銭入れに無理矢理押し込み、さらに小銭入れをポケットティシュの外袋でくるんで機能不全に陥らないように対策。

 

その上で、ずぶ濡れになりながらもゴール(家)を目指しました。

 

さすがにずぶ濡れで家には入れないので、テラスのある庭に回る。

 

お隣さんから丸見えだけど、まだ起きてないようなので、ここで帽子、Tシャツ、短パン、くつ下、シューズ(パンツ以外)を脱ごうとしたけれど…。

 

なんと、リビングに入るドアに鍵がかかってるじゃないかっ!?

 

あ~、当たり前か○| ̄|_

 

家族はみんな、まだ寝てるし…。

 

仕方なく、玄関から普通に入り、床に多少の水滴を溢しながらも、なんとか脱衣場に駆け込むことに成功しました。

 

何気に、玄関ホール→キッチン→脱衣場と導線が出来ているゼロキューブの基本間取りに感心。リビング経由せんで良いし。

 

なるほど、びしょ濡れのときに脱衣場に駆け込みやすいのが、ゼロキューブ間取りのメリットのひとつだったのね(笑)

 

さて、帰宅してからも止まないどしゃ降りの雨。ゼロキューブのガルバリウムの屋根を伝って、当然ながら雨音が聞こえます。

 

これを、「うるさいやん」と考えるか、「普通やん」と考えるかは、人それぞれですが、すでにゼロキューブを建ててしまった以上、「普通やん」と思うしかありません。

 

むしろ、これまでは、ガルバリウムの雨の音によって、雨が降ってるか否かを確認できるので、今日は走れるのか、走れないのかを、布団から出ることなく分かって便利でした。マジで。

 

以前にマンションに住んでいたとき、万全の走る格好で外に出てみたら、雨が降っていて「なんだよ、雨かよ⤵」とテンションがダダ下がったことが何度もあったので。

 

朝に走る人間からすると、ガルバリウムの雨の音は歓迎なんですよね( ・`д・´)

 

ただ誤算なのは、初めてどしゃ降りの中を走ってみて、意外と気持ち良かったこと。雨でも十分に走れることが分かったので、雨の音は気にしなくてよくなりそうですが(^^;