zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

教育方針で異なるリビングの片付き具合

インスタグラムにアップしたリビングの写真を見た同僚がひと言。


f:id:rakudietman:20171114051721j:image

 

「すげぇ、めっちゃ片付いてますね」

 

どこが(`Д´≡`Д´)??

 

その同僚は、ウチと1か月違いで新築。入居してからの期間は変わらないのに、自身の新居のリビングの現状と比較すると、遥かに片付いているのだとか。

 

ウチは娘二人だけど、同僚は年齢は同じくらいの男の子と女の子、それと昨年生まれた男の子の子供3人。

 

とくに上の男の子には、片付けろと何度言っても全く片付けないらしい。下の女の子はそれを見て、当然、片付けない。

 

そして教育方針的に親はぜったいに片付けを手伝わず、本人の自主性に任せているので、本人のやる気がでるまで部屋は散らかり放題らしい。

 

一方、ウチはと言うと、片付けろと5回くらい言うと、しぶしぶだけど片付け始めます。

 

しかし片付けてると思ったら途中から遊び始めたりするので、追加で3回くらい片付けを促します。

 

それでも片付かない場合は、妻が「遅いっ!もうお母さんがするから、ハミガキしてなさい!」と言って片付けてます。

 

自分も同僚と同じく、どちらかと言うと手伝わない方針が良いと思ってるけど、最後は妻が手伝うことに慣れた娘たちは、散らかし過ぎると、必ず「お父さんも手伝って!」と協力を仰いでくる始末。

 

仕方なく散らかってるものを拾うのだけ手伝って、あと仕舞うのだけは何とか娘たちにさせてます。

 

むかしは片付けなかったら、仮想ゴミ箱にバンバン捨てていました。

 

そうするとかなり早く片付けるんだけど、子供たちに相当なプレッシャーがかかるのか、半べそかきながらの片付けになるし、要らないものは捨ててよいという発想にもなっていたので、ゴミ捨て作戦は現在保留中です(^^;

 

同僚と比べると、子育て的にはかなり甘ちゃんになってしまってますが、ウチは毎日ある程度、片付けている(妻が)ので、散らかり具合に差が出ているのでしょう。

 

厳しい教育で散らかるリビングと、甘い教育で片付いたリビング。

 

どちらが良いのか、正直さっぱり分かりません(笑)