zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

住宅ローン控除手続きは突然に(2)

www.zerocube.life

確定申告は数年前まで個人事業主だった頃、毎年やってたし、住宅ローン控除の初年度手続きだってマンション購入したときに経験済み。

 

だから簡単だぜ、、、と言いたいところでしたが、ほぼ全て忘れてました(>_<)

 

個人事業主時代も、4回ほど確定申告やったけど、毎年「どうやるんだっけ???」となってました。

 

唯一、マンション購入時の住宅ローン控除手続きのとき、確定申告特設会場のさいたまスーパーアリーナの長蛇の列に並んだことだけ、覚えてました。

 

ということで、確定申告および住宅ローン控除手続きに必要な書類を検索。

 

  • [住民票の写し] … 市町村役場で入手
  • [登記事項証明書] … 法務局で入手
  • [不動産売買契約書] … 不動産会社と契約した書類のコピー
  • [源泉徴収票] … 勤務先で入手
  • [ローン残高証明書] … 借入した金融機関から送付
  • [補助金等に関する書類] … すまい給付金の金額が分かる書類

 

これ以外に、確定申告書類として「生命保険」「地震保険」等の書類が必要です。

 

まず向かったのか法務局。

f:id:rakudietman:20180228212339j:image

 

え?法務局?

 

マンションの時は法務局なんて行ってないはずだけど…。

 

よく分からす、土地と家屋の両方の登記簿謄本を入手。600円×2枚で1200円。

 

次に市役所で住民票を取得、200円。

 

新たに取得すべき書類はこれだけ。早速、税務署へ向かいました。

 

すると平日にもかかわらず、確定申告特設会場は多くの人でごった返していました。

 

さいたまスーパーアリーナの時を思い出す。このパターンか、、、。

 

相談コーナーで15分待ち税理士さんのブースに案内され住宅ローン控除手続きの書類を確認してもらう。

 

書類はすべて揃っているのだけど、原本ではなくてコピーが必要なものもあり、急きょ妻にコンビニに走ってもらうことに。しかも2往復、良かったね適度な運動ができて(笑)

 

原本かコピーか。少し考えれば分かるけど念のため書いておくと、

 

  • 源泉徴収票 → 原本
  • 住民票 → 原本
  • 登記簿謄本 → 原本
  • 売買契約書 → コピー
  • 残高証明書 → 原本
  • すまい給付金 → 通帳のコピー

 

源泉徴収票は、原本を提出するのだけど、他で必要になる場合もあるので、念のためコピーをとりました。

 

すまい給付金は、通帳を持っていっていたけど、通帳記入されておらず(/-\*)

 

係員に聞いたら、おそらく無くても問題ないけど、追加提出を求められたら直ぐに提出できるように準備だけしといてね、とのことで、ひとまずこの日は免除となりました。

 

いろいろ面倒だけど、分からないなりにも確定申告会場に行けば、税理士さんや役所の担当者が丁寧に教えてくれます。

 

最終的に所得税分が全額還付されることになりました。

 

もともと病欠で休んだ日で、体調も厳しかったけど、なんとかこの日に終わって、一石二鳥のお得感も感じることができ達成感がありました。

 

その日の思い付きでもなんとか終えることができる確定申告。

 

確定申告は3月15日までですよ。お忘れなく!(おわり)