zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

なぜか全力を注ぐ会社の花見

毎年3月の最終金曜日は、会社の花見大会。今年は30日(金)でした。

 

いまの会社に入社して最初の3月に、いきなり花見の幹事を仰せつかり、ブイヤベース鍋&〆のパスタで大好評いただいたのが3年前のこと。

 

当面は幹事の役は回ってこんやろうと、たかをくくっていたら、今年は直前に副幹事を任され、準備期間2日間というオニスケジュールで幹事と企画を考えることに。

 

毎年この時期は、まず桜は咲いておらず、しかも夜間の気温はグッと下がるので、寒い思いをしながら、小一時間でお開きになることがしばしば。

 

そこで考えたのが、いま流行り(?)のコタツ花見。簡易コタツの中に湯タンポを入れてしまおうというもの。

 

ネット検索だと、これが意外と暖かいらしい。

 

ということで前日に資材を買い出しに行って、当日は社長に許可をもらって午後から花見の場所取り&準備に取りかかりました。

 

が、しかーし…

 

なんと桜が満開、ということは、とっても暖かいっ(@ ̄□ ̄@;)!!

f:id:rakudietman:20180401154923j:image

 

ナンテコッタ!

 

コタツ企画が台無しじゃないかっ!?

 

なんで、いつもは咲いてないのに桜が咲いてるんだよ、お願い寒くなって~。

 

と、本末転倒なお願いをしながら作り上げたコタツ花見会場がコチラ。


f:id:rakudietman:20180401155737j:image

 

幹事が適当に作った手前のキッチンが雑すぎて残念ですが、発泡スチロールとベニア板と100均のタオルで作ったコタツの出来ばえは予想以上。


f:id:rakudietman:20180401155901j:image

 

結論から言うと、夜になると少し肌寒くなってくれたので、そこそこコタツ効果はあった模様。

 

他の社員からは、暖かさ云々より企画を絶賛していただき、大成功を納めることが出来ました\(^o^)/

 

お開きになり参加者を送り出してから後片付けに取りかかりましが、しかし、これがとても大変(>_<)

 

とくにコタツの解体作業がなかなかの力仕事。天板がとくに重い。

 

近隣のコインパーキングに社用車で乗り付けていた自分はノンアルコールだったので途中から片付け始めましたが、終了後も何往復かしてようやく社用車に荷物を積み込むことができました。

 

このとき、午後11時。終電に間に合わないので、社用車で帰宅。そして翌日は自宅でブルーシートやら鍋やらタオルなどをせっせと洗うはめになりました。


f:id:rakudietman:20180401161006j:image

 

面白い企画も、後片付けなどを考えると、ほどほどにしといた方が良さそうです(^^;