zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

完全カスタマイズの持家の善し悪し

モノを売るのではなく、コトを売る――。

 

そんな今のビジネスの潮流は住宅の世界にも進出しているようです。

 

昨日夜のテレビ番組で、「コト重視のリフォーム」という特集をやってました。


f:id:rakudietman:20180526085048j:image

 

この特集では、サーフィンが趣味のご家族や、子供が独立して夫婦二人になった方のリフォーム例を紹介。


f:id:rakudietman:20180526085929j:image

 

要するに、施主がいちばん生活しやすいレイアウトにリフォームするという話です。

 

この流れは、戸建で言えば、まさにベツダイさんのライフスタイルに合わせたLIFE LABEL(ゼロキューブ等)は、コト売りではないかと。

 

ゼロキューブMARIBE、WAREHOUSE、FREAK's HOUSE、HYVAなど。

www.zerocube.life

www.zerocube.life

 

ただ、それも"やり過ぎ"てしまうと、後々、大変だと思うのは、個人的な感想です。

 

ウチは、マンションの購入&売却を経験しているので、持家でもいつか売却する可能性は常に頭に入れています。

 

売却を考えると、カスタマイズしすぎると苦労するんです。

 

これは車も同じ。高く売れる色は、黒、白、シルバーと言われ、派手な色は高くは売れません。

 

中古になった場合、とにかく標準的なものの方が売れるんですよね。

 

この家に死ぬまで住むことになるだろうと確信して、なおかつお金に余裕があれば、完全カスタマイズの"コト"リフォームを検討してみようと思います。

 

その時、いったい何歳やねん(笑)