zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

住宅関係者が建てる天然無垢材の家

4年ほど前のこと。次女が保育園の幼児クラスに入園して間もなく。

 

妻が同じクラスの双子ちゃんの話をたまにするようになりました。

 

双子ちゃんのママとも時々話すようになったとのこと。

 

その話を何気なく聞いていて、あるとき双子ちゃんのフルネームを聞いた瞬間、

 

あれ!? 聞いたことある!

 

なんと、双子ちゃんのお父さんは、幼馴染みY氏でした(○_○)!!

 

Y氏とは、保育園⇒小学校⇒中学校⇒高校まで同じで、高校ではサッカー部のチームメイト。

 

ウチの長女が生まれて一度帰省したときは、双子ちゃんが生まれる前のYとY奥さん、そしてウチの妻も含めて食事をしたことも。

 

だから、双子ちゃんママもウチの妻について、ウチの妻も双子ちゃんママについて、お互いどっかで見たことあるような…状態だったとのこと。

 

そんな感じで、偶然にも同じ保育園、同じクラスで再会したY家族は、少し離れた隣町住まい。

 

Yは住宅の外装工事屋なので、ゼロキューブを建てた後に外壁について相談したりもしてました。

www.zerocube.life

 

再会した当時(ウチがゼロキューブを検討する前)から家を建てるための土地を探していたようだけど、希望する広めの土地がなかなか見つからないと嘆いていました。

 

ちなみに彼が一度検討したことがある土地に、現在はFREAK'S HOUSEが建っています。

www.zerocube.life

 

早くから住宅の間取りやデザインは決まっていて、天然無垢材を多用したナチュラル系で、広い庭を前提に設計している様子。

 

職業が住宅関連なので、それはそれはステキな家なんだろうと勝手に想像して、早く建てて欲しい、早くお邪魔したいと願っていました。

 

それがこの度、ようやく土地が決まったと、Yの奥さん⇒妻を経由して聞こえてきました。

 

残念ながら同じ小学校校区ではないけど、ウチから割りと近い隣町のエリアだそうです。

 

双子ちゃんもウチの次女も、来年4月に小学校入学なので、それまでに引き渡してもらうスケジュールで建設が進む予定らしい。

 

住宅関係者が建てる天然無垢材のナチュラルハウス、なんか知らんけど、他人の家なのにワクワクo(^o^)o 早くお邪魔したい!


f:id:rakudietman:20180615053320j:image