zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

「1000万円台のすごい家」がすごい

今号のSUUMOの「1000万円台のすごい家」特集で紹介されたお宅のコンセプト、というか、そのコンセプトを提案したハウスメーカーがすごいと思いました。


f:id:rakudietman:20180620071642j:image

 

1418万円でカフェ風の家を建てた方の記事では、ハウスメーカー担当者から、門柱の漆喰塗りや外構、ウッドデッキのDIYの提案があったとのこと。

 

施主はこうした経験がなかったものの、自分達の手を加えて家を作った感が出て、思い出になったと喜んでいるようです。

 

もう一人は、1800万円で建てた方。こちらは天然無垢材などを使用したナチュラルテイストを目指したけど予算的に無理。

 

そこで「こだわり一点集中」型で、1階リビングのみ要望を取り入れて、その他は標準仕様にすることで価格を押さえたようです。

 

いずれの施主も、あらかじめ予算が決まっていて、それでも可能な限り要望を実現したいとの思いに対して、ハウスメーカーが応えたというケース。

 

おそらく間取りや仕様が決まるまで時間はかかるし価格は押さえられるので、意外と対応できるハウスメーカーは少ないのではないかと。

 

だからこそ、これらの提案ができるハウスメーカーや担当者はすごい。こういう方に出会えたら家作りは楽しいだろうなと感じた特集記事でした。