ゼロキューブごはん

LIFE LABELのローコスト住宅 ZERO-CUBE(ゼロキューブ)+BOXに住み始めて間もなく2年半になります。これからは「ゼロキューブごはん」で続けていきます。住み始めてから分かるゼロキューブの良さや問題点などを正直に書いています。そして、ときどき、ゼロキューブ+ごはんを紹介します。妻と小学生の娘2人の4人家族。ベツダイさんのLIFE LABELはどれも好き。ゼロキューバ―がもっと増えるといいな。

ロールスクリーンとブラインド

ゼロキューブのシンボル、大きな窓。

 

標準で2つの大窓が付いてますが、密かにお気に入りなのが、それぞれに付けているロールスクリーンと縦型ブラインドです。

 

⬛吹き抜けの大窓ロールスクリーン

f:id:rakudietman:20170604180957j:image

⬛子供部屋の大窓の縦型ブラインド

f:id:rakudietman:20170609065918j:image

f:id:rakudietman:20170609065845j:image

※表から見た縦型ブラインド

 

東向の吹き抜けの大窓は、プライバシーは関係ないので通常のロールスクリーンです。

 

朝起きたときに全開にして、太陽の光が思いっきり入る午前8時~10時頃は一旦閉めて、その後また夕方まで全開です。

 

一方、子供部屋は外から丸見えで、子供部屋からは向かいのお宅のお庭も丸見えになるので、お互いのプライバシーを守る意味で縦型ブラインドを採用。

 

これがとっても優れもの。

 

ブラインドを全開にはしなくても、ツマミで角度を変えるだけで、外の明るさを取り入れつつプライバシーを守れる優れもの。

 

それぞれ2万円~2万5000円と、なかなかの金額だったけど、高いものをオーダーして良かった(^o^)