ゼロキューブごはん

LIFE LABELのローコスト住宅 ZERO-CUBE(ゼロキューブ)+BOXに住み始めて間もなく2年半になります。これからは「ゼロキューブごはん」で続けていきます。住み始めてから分かるゼロキューブの良さや問題点などを正直に書いています。そして、ときどき、ゼロキューブ+ごはんを紹介します。妻と小学生の娘2人の4人家族。ベツダイさんのLIFE LABELはどれも好き。ゼロキューバ―がもっと増えるといいな。

ゼロキューブ3回目の長女の誕生日でした。

今朝、会社の朝礼で「情熱」の話がありました。

 

情熱をもって前向きに仕事をしていても、ちょっとしたきっかけで、落ち込んだり、そのやる気が萎えてしまうことがある。でも、それは情熱が消えたわけではなく、一時的に静かになっただけ。だから、もう1度、呼び起こせば大丈夫。

 

みたいな話です。確かにその通りと思いました。可能性がある限り、情熱を呼び起こす方法を考えれば、また火がつく可能性はありますね。

 

朝からなかなか良い話を聞けた本日は、長女の誕生日でした。

 

長女が大好物のお寿司を食べに行きたいと言うので、前日にスマホアプリから予約しようとしてたら、妻が「予約せんで良いよ。平日やし」と。

 

でも平日とは言え、自分が定時で仕事を終えたとして、合流できるのは18時半過ぎ。運が悪ければ、待ち時間が発生する可能性も。

 

だから念を押して予約を、と言うと、妻が少し驚いたように、こう続けました。

 

「17時過ぎにはお店に行くから空いてるって」

 

17時過ぎ?だから定時は18時だって!? すると、

 

「えっ!? 3人で行くつもりだけど」と既定路線かのごとく言い放ちました。

 

3人=妻&長女&次女 ※お父さん不在

 

何でか知らんけど、ビックリすんな。こっちがビックリやわ(゚∀゚)

 

と言うことで、帰宅したのは20時過ぎ。一応、お持ち帰りのお寿司が準備されてました。つうか、誰か、ひと切れサーモン食べとるやんけ。

f:id:rakudietman:20191114223737j:image

お寿司の向こう側で、3人は誕生日ケーキを食べてます。何なん、このズレた時間軸は。

 

何とか定時に仕事を終わらせて、長女の誕生日を祝おうと努力した1日前の情熱。この消えかけた情熱は、来年に呼び起こすことはできるだろうか、、、。