ゼロキューブを建てたばい with FIAT500

LIFE LABELのローコスト住宅 ZERO-CUBE(ゼロキューブ)+BOXに住み始めて3年が経ちました。住み始めてから分かるゼロキューブの良さや問題点などを正直に書いています。妻と小学生の娘2人の4人家族。1匹のハムスターと10数尾のメダカと、そして最近はFIAT500も仲間に加わりました。近所にゼロキューバ―やFIAT500オーナーがもっと増えるといいな。

ゼロキューブ生活初の在宅勤務になりました。

今日から日数限定で在宅勤務になりました。週に数回とかです。

 

業務上、まったく出勤しないわけにもいかないけど、少しでも感染リスク、感染拡大リスクを減らすためには必要なこと。

 

会社の他の部門では、絶対に在宅無理な業務もあるので、それだけでもありがたいこと。何としても、感染拡大しないように努力します。

 

さて、初めての在宅勤務ですが、急きょ決まったことなので、準備が十分できてるか怪しい。さっそく、会社のPCの電源消してしまったので、メール転送が来ない状況。9時を回ったら、残っているスタッフ電源ポチのお願いをしないと。

 

それと、、、娘たちも家にいます。

 

昨日から妻が、娘たちにはきつく言い聞かせているので、大丈夫だと思うけど。ちなみに「話しかけるごとに、1,000円ずつお給料引かれるからね」と言い聞かせてました(笑)

 

とりあえず、仕事であることを強調するために、こんな張り紙も作りました。

f:id:rakudietman:20200415082630j:image

 

昨日から子供たちに紐で貼ってもらい、自分たちで作った感を持たせて、協力意識を高めてもらおうという作戦です。

 

基本的に、休憩時間とトイレ以外は、部屋から出ない。でも、このトイレが難関。

 

うちは、トイレが1階に1か所しかないので、階段を下りてリビングを通らないといけない。ぜったいに子供と顔を合わせます。いろいろ話しかけられる可能性は大。

 

ここで、初めて、2階にトイレがあったら便利だったな、と思いました。

 

基本トイレ1か所のお宅は在宅勤務には向いていないということか。学校が始まって子供たちが居なくなったとしても、キッチンやリビングを通ると誘惑もあるし。

 

当面、トイレは可能な限り我慢です。さて、まもなく就業時間です。