ゼロキューブごはん

LIFE LABELのローコスト住宅 ZERO-CUBE(ゼロキューブ)+BOXに住み始めて3年が経ちました。住み始めてから分かるゼロキューブの良さや問題点などを正直に書いています。妻と小学生の娘2人の4人家族。1匹のハムスターと10数尾のメダカと、そして最近はFIAT500も仲間に加わりました。近所にゼロキューバ―やFIAT500オーナーがもっと増えるといいな。

ゼロキューブ在宅勤務で素直に感じた3つのポイント

初めて在宅勤務をしてみて思ったことが3つありました。

 

1、トイレは我慢できる

我慢できました。会社にいるときよりもトイレに行く回数はほぼ半減かな。理由は飲み物と安心感。

 

社内に自動販売機はあるけれど、階段の上り下りが面倒だったりするので、まとめて何本か机に置いてたりします。

 

すると、喉が乾いてなくても手が出るのよね。菓子類もそう。

 

在宅では、飲みたいときに飲み物を飲める状態なのと、家族が家に居たこともあり、極力、1階に下りない意識が強かったので、飲む量が激減。

 

その結果、トイレに行く回数が3回くらいで済みました。

 

いつでも行けるトイレがあるのも我慢できる要因。会社のトイレ事情は良くないので、誰かが使用していることもしばしばなので。

 

2、時間の進みが早い

なんか、あっという間に時間が過ぎたイメージ。打ち合わせや急な頼まれごともあったりしたけど、他の社員に邪魔(重要ではないけど居るので確認されること等)されなないので意外と集中できました。

 

3、横すべり出し窓

これが汚ねぇ~。いちばんの発見(笑)

f:id:rakudietman:20200416063605j:image

FIX大窓のあるゼロキューブの子供部屋は、横すべり出し窓てしか調整できないので、何度も明け閉めしたけど、まぁ汚い。

 

ここって、こんなに汚れるもんなのか。