zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

お店の閉店で変わる近所の風景

早いもので、あと半月で新年度です。

 

花粉症持ちとしては、目がかゆくなり始めると、あ~今年度も一年終わったんだな~と実感します。

 

春はさまざまな事が変化する時期でもあります。

 

ふと最寄りのローソンに立ち寄ってみると、衝撃的な貼り紙を発見。

f:id:rakudietman:20180308072409j:image

 

拡大してみると、

f:id:rakudietman:20180308072836j:image

 

なんと閉店です(>_<)

 

ここは、2年ほど前まではドラッグストア新生堂でしたが、リニューアルして新生堂×ローソンのコラボ店となりました。

 

イメージとしては、医薬品と化粧品を取り扱ってる調剤薬局併設のコンビニ。

 

だから、改装したばかりの内装はキレイだし、同じ建屋の隣には同じタイミングで内科クリニックも開設されていました。

 

ウチはもっとも近いお店だったので、重宝していたけど、なかなか経営が厳しかったのはなんとなく想像がつきます。

 

調剤薬局があっても対象は隣の内科クリニックだけ。周辺にはいくつも内科があるので、競合も多かったと思います。

 

200メートル先には、パイパスに面した駐車場が広いセブンイレブンがあるので、コンビニとしての集客力の低下は、ここが一番大きな影響があったのでしょう。

 

さて、そんな閉店間際のローソンの向かいには、JAの直売所がありますが、実はここも規模縮小されるという話。

f:id:rakudietman:20180308074021j:image

 

生鮮品や惣菜、お米、花苗などを取り扱ってますが、妻の話によるとお米(?)と花苗(?)のお店に縮小するらしい。

 

歩いて行ける距離のお店が、2つもなくなるなんて、どちらも寂しいニュースです( ;∀;)

 

ひとまず、ローソン跡地に何ができるのか、期待するしかありません。