ゼロキューブを建てたばい with FIAT500

LIFE LABELのローコスト住宅 ZERO-CUBE(ゼロキューブ)+BOXに住み始めて3年が経ちました。住み始めてから分かるゼロキューブの良さや問題点などを正直に書いています。妻と小学生の娘2人の4人家族。1匹のハムスターと10数尾のメダカと、そして最近はFIAT500も仲間に加わりました。近所にゼロキューバ―やFIAT500オーナーがもっと増えるといいな。

子供に観て欲しい「リメンバー・ミー」と「素敵な金縛り」

土曜日の朝、娘たちが録画していたディズニー映画「リメンバー・ミー」を観るというので、何気に一緒にそのまま最後まで見ていまい、そして号泣(TДT)

リメンバー・ミー (吹替版)

リメンバー・ミー (吹替版)

  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: Prime Video
 

 

日曜日の朝、ひとり早くに起きたので、録画していた三谷映画「素敵な金縛り」を観ていたら、こちらもやっぱり最後は感動。

ステキな金縛り

ステキな金縛り

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

たまたま観た、この2つの映画、まったく違うジャンルの作品に思えたけど、実は死後の世界を描いているという共通点があり、見終わった感想としても、「先人たちに感謝せないかん」という共通した思いでした。

 

これとは少し違う話だけど、面白いマネジメントのコラムをネットで見つけて、著者を見たら、東大出身の僧侶の方で、さらに調べると「ブッダが教える愉快な生き方」という著書があったので、購入して最近読み終えました。

f:id:rakudietman:20200301111641j:image

 

死後の世界や宗教的な話は、これまで無縁だったけど、歳を取ってくると、じわりじわりと心の中に染みてきます。

 

ただ、同じ「リメンバー・ミー」という作品でも自分と子供では感じ方が違うし、娘たちの心に響くのはあと何十年か経ってからなんだろうな、きっと。

 

ぜひ、人生の節目節目に観て欲しい映画ですね。

 

ちなみに、「ブッダが教える愉快な生き方」で言いたいことは、つまり感謝しながらポジティブに生きていくこと、と捉えました。

 

それが、なかなか出来ないんですけど(^_^;