zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

破格1坪8000円の大理石風床材

床材を決めるとき、玄関ホール、キッチン、脱衣場、トイレの床を「グラフィアート」にしたいと本気で思った瞬間がありました。

 

グラフィアートとは大理石調の床材のこと。こんなイメージ。

 

f:id:rakudietman:20170821204512j:image

f:id:rakudietman:20170823054130j:image

大建工業サイトより


大建工業さんの商品で、現在は「ハピアフロア石目調」という商品名になってました。

 

素人だと本物の大理石みたいに見えます。

 

ある建売物件を見に行ったのがグラフィアートを知ったきっかけ。玄関がグラフィアートになっていて「これ、格好えぇ!」となりました。

 

続けて「これ何という床材ですか?」と営業マンに聞いたら「これ、何て名前だったっけ???」と返され、心の中で「知らんのか~い!」と叫んだのは懐かしい思い出です(笑)

 

ちなみに、その建売住宅を販売していたのは、お隣さんを建てたS建設。そう、ウチと揉めたメーカーでした。思い出す度に、ぬぬぬぅ~となる(笑)

 

それから独自にいろいろ調べた結果、グラフィアートは1坪あたり3万円以上で、床材をグラフィアートに変更する場合は、 差額ではなく実費がかかるとのこと。

 

ゼロキューブの玄関ホール、キッチン、脱衣場、トイレを合わせると5坪弱なので、総額で17~20万円くらい。

 

さすがに、この金額は出せないと諦めかけたとき、裏ルートを発見。

 

アウトレット品なら1坪8000円で手に入ることが判明。

 

県内で唯一(?)、業者だけではなく施主にも販売してくれる建材問屋さんがあるとのこと。

 

軽微なキズがあるとは言え、よく見ないと分からないレベル。これだと4~5万円程度なので、心を大きく揺さぶられました。

 

ただし、いくつか条件がありました。

 

  • 持帰りのみ
  • 現金払い
  • 返品交換不可

 

要するに倉庫まで出向いて、確認OKなら商品と引き換えに現金払い。一度購入したら返品不可よ、というわけ。

 

でも、使用する面積が5坪くらいとは言え、ロスもあるだろうし、どれくらいの面積が必要か検討がつきません。

 

そして何より、取りに行って積み込める車(トラック?)がない(TДT)

 

そこがネックになったのと、あとは妻があまり乗り気ではなかった(雰囲気的に)のもあり、断念することになりました。

 

でも、いま思えば、ゼロキューブの特定の場所だけ大理石調にするのは合わなかったかも。やるなら、1階全ての床をグラフィアートにしないとね。

 

ただ、そうなると、もはや自分たちの望むテイストではなくなってしまう。やっぱウチにとってのゼロキューブは、ナチュラルテイストがベストでした。

 

妻の微妙な反応は正解でしたね(^^;