zero cubeを建てたばい

2017年4月にZERO-CUBE(ゼロキューブ)を新築しました。妻+娘2人の4人家族。年2回のフルマラソンが生きがいの40代が綴るローコスト住宅日記。

帰宅時のゼロキューブ玄関の入り方

帰宅して電子鍵を押すとピロリロリ音が鳴り、玄関ドアを開けて、ゴソゴソと靴を脱ぎ、シューズクロークに仕舞い、スリッパに履き替え、コートを脱いで…。

 
f:id:rakudietman:20171201235153j:image

ここで、いつもどちらから入るか迷います。

 

リビングの開き戸に右手を伸ばすか、それともキッチンの引き戸に左手をかけるか。

 

なぜ迷うのか。

 

それは音。

 

 

 

帰宅のタイミングによっては、食洗機や洗濯機、テレビなどの音が鳴っていて、そうすると中では、この一連の帰宅音がまったく聞こえなかったりするらしい。

 

ちなみに玄関ホールからも食洗機や洗濯機の音はあまり聞こえない。

 

そんなとき、妻がキッチンに居たりすると、引き戸を開けたと同時に驚嘆の声を挙げられる。こんなことが特に入居したての頃に何度か。

 

それ以降、リビング側から入るようにしたけど、今度はダイニングテーブルで珈琲タイムしてる妻に驚かれる始末。

 

昨日は帰宅して5分くらいソファーに座っていたのに、リビングで迷路に夢中な娘たちはなかなか気付かず。

 

そんなに防音効果が優れてるのね、このゼロキューブは、、、(^^;

 

妻からは「ビックリさせんでくれる(`へ´*)ノ」と言われるので、最近はなるべく大きな音を出しながら、時には咳払いも交えながら玄関ホールを通過するようにしてます。

 

そすると、お父さんの帰宅が認識され、次女が玄関まで迎え来てくれたりします\(^o^)/

 

でも、リビングに入ると、まれに誰も居なくなって就寝してしまっていることも。そんなときは、「寝ようとしとるのに大きな音立てんでくれるι(`ロ´)ノ」となります。

 

どっちやねん( ;∀;)